ページ

2014年8月28日木曜日

iPhone5S不具合奮闘記

  iPhone5S AUでの電話で話す声が小さい
 iPhone4Sから5Sに変えたくて、ソフトバンクからAUにするほうが安かったので、今年(2014年)の初めに乗り換えました。最初は、好調に動作していたようなのですが、いつの頃かAUキャリアで電話をすると、声が小さくて聞き取れないという症状が出始めました。相手の声は全く問題なくクリアに聞こえます。

いろいろネットで調べました。すると結構対策が書いてました。iPhoneにマイクボリュームというのは存在しない事。ノイズキャンセル機能が入っているとか。マイクのところにシールを貼ってしまうとそういう症状が出るとか。

 私の場合は、いろいろ調べましたが、そういう単純な問題でもないようでした。LINEとかSkypeでは全くマイクの音声が正常、Bluetoothで話す時も正常。AUキャリアで話す時のみ音声が聞き取れない、ブツギレ状態のようでした。全く聞こえないというものでもないのですが、人によっては、全然言ってる事が理解できないという人もいました。

 AUのキャリアのみの障害なので、まずは、AUショップで見てもらったのですが、ハードウェア障害は、アップルにという事でアップルカスタマサービスセンターの電話番号を教えてもらいました。

 アップルカスタマーサービスで、症状を伝えると、やはりハードウェアの障害っぽく即交換品が送られてきました。バックアップからの復元でとりあえずAUのキャリアでの会話は正常になったので、古いiPhoneは、送り返しました。
  
 iPhone5S交換後、今度は、 「アプリが動作しない!」
 ところが暫くしてから気がついたのですが、「アプリが全て動作しない!」 デフォルトの最初から入っているアプリは、問題なく動作するのですが、ダウンロードして後から追加したアプリが、全て動作しなくなっている事に気がつきました。起動すると画面が一瞬出そうになるのですが、すぐに消えてしまいます。

 これもネットで調べるといろいろ書いてあったのでいろいろ試してみました。
・電源OFF->ON
・アプリを削除して入れ直す
・新しいアプリをインストールする
  等試しても、全く効果がなかったので、アップルサポートに電話したら同じことを何回も試された上に初期状態で新規アプリを入れてみてくれとの事、それでもやはりアプリ動かず、かかってくるはずの電話もなく長いこと待たされた挙句また交換? 

 前のiPhoneのほうがマダよかった、、、、
 新しいの送ってくるのが結構かかりそうなので、前のiPhone返してくださいというと「無理です」とそりゃーそうかもしれんけど、こっちもいろいろ動かしたいアプリあるのに、、LINEとskypeは、しょっちゅう使うし、twitterとかFacebookもこれで見てるっていうのに、、、、「代替機明日着くようにお願い」と言うと、「それは無理です、、、2,3日かかります」って。

 それでも何とか次の日に代替機到着
 そこは、さすがアップル、次の日に代替機が到着。バックアップから復元で、また同じ現象だったらどうしようかと心配しながら待つこと1時間? 何とか全てのアプリが問題なく起動する事を確認。とまあ、大変でした。何が起こっているのかよくわかりませんが、どういう出荷検査をやってるのか、これだけの確率で不良が起こっているとしたら、サポート部隊たいへんでしょうね。がんばってください。

 昔PC作ってた頃不良のマザーボードが山のようにあったのを思い出します。多分中国の工場今頃不良のiPhoneが山積みになっているのでしょうね。早くルートコーズを解析しないとたいへんな事になりますよ。
 
 アプリが動作しないっていったいハードで何が問題なのでしょうか?確かにおかしな不具合です。工場内での検査でそこまではしないでしょうから発見される事はなかったのでしょうが、、、ネットで見ると、この手の不良結構出てるみたいです。

 突然こういう不良が出てくる事もあるようです。こういう場合悩まないで早いことサポートセンターに電話してみてください。

 では、皆様の幸運を祈ります。 

2014年6月30日月曜日

パソコントラブル1 HDDクラッシュ

HDDクラッシュは突然にやってきます。

ハードディスクの進化は早かったです。今やテラオーダーの記憶容量のものが主流ですが、やはりそれでも突然にクラッシュはやってきます。これだけ進化したのだから信頼性も少しは上がってるのかと思いきや、そうでもないようです。

今までどれだけのHDDをクラッシュさせてきたでしょうか?パソコンで私が経験する最も多いトラブルは、HDDクラッシュ、2番目は電源ダウン(特に中国製?台湾製?)、電源ダウンはまだいいです。電源を交換すれば復旧します。だけれどもHDDそれもシステムドライブの場合は悲惨ですね。痛い目に合っている人はたくさんいるはずですので、そういう人のためになるかどうかはわかりませんが、ここに私の場合の経験を整理しておます。

前兆現象:
いつかアプリの起動が遅くなったような時がありますが、それが前兆現象だったのでしょうか?バックアップをしなきゃと思っていながらついつい後回しにしていると、突然Windows画面にHDDの不調が表示された時にはもう手遅れです。

バックアップはまめに行っておきましょう。

Windowsの起動までは、とりあえずchkdskの助けでできるようには、なります。

 クリーンインストールはなんとしても避けたいので、まずは、バックアップと復元のところで、システムイメージの作成を試みまたが、一部システムのファイルが壊れているらしく無理でした。


バックアップも今更ですが、エラーが出て不可能でした。
こうなればなんとか、市販のソフトでもファイルを復旧できないかと試みましたができませんでした。

フリーのソフトでも、システムディスクを丸ごとコピーしてくれるものがあるのですが、これも ディスクの管理でHDDが認識できていないと無理で、あきらめました。

WIndows転送ツールこれが動作しないと、完全にクリーンインストールなのですが、何とか何回か動作させると時間は長かったですが、成功しました。

で、これでもほとんどクリーンインストールに近いですが、データの移行は無事できました。

まだ、完全にアプリの再インストールは終了してません。
システムのバックアップは、くれぐれも行っておいてください。
HDDクラッシュは突然にしかも確実にやってきます。




2014年6月25日水曜日

USBパケットモニターソフト

USBのパケットモニターできるソフトをいろいろ仕事上探しておりました。64ビットOS上で安定して動作するものは、なかなかまだないのが実情ですが、いいのがありましたので、ここで御紹介。

URBモニタリングシステム RSD-URBM01
ラトックシステム製





これならインストールも操作も簡単です。

上記画面が起動画面で
処理 -> モニタリング開始のところで 必要な設定を行いモニタ開始を押すだけです。
まだ私も使ってない便利な機能がかなりあるようです。開発機器のデバッグには、これで充分すぎるソフトでした。

2013年8月27日火曜日

VPNの構築方法いろいろあるけれども

VPN構築

VPNの構築いろいろあるようです。

一般的には,
「ルータなどで拠点を結ぶのであればIPSec」,
「クライアントからサーバへの接続を提供したいのであればPPTP」,
「UNIXで簡単に暗号化したいのであればSSHフォワード」という選択肢になるようです。

VPNサーバーの設定
参考URL
1.PPTPでの方法

  (1)PPTP-1
   この方法は、LINUXのカーネルにパッチを入れるやり方でかなり古いLINUXサーバー向けです。

  (2)PPTP-2
   Linux用のPPTPサーバデーモンソフトとして「PopTop」を使用します。
   Windowsでは,PPTP接続を行うための手段が「仮想プライベートネットワーク」 
     --> 「MS-CHAPv2」を選択すれば可能です。

    (3)Windows7
    (2013年8月現在)今では、これが最も簡単です。Windows7が標準で実装してます。

   
2.IPsec

  LINUXにIPsec(L2TPD)をインストールしてVPNサーバーを構築できます。

3.SSL  

  LINUXにOpenVPN
  業界標準のSSL/TLSプロトコルを利用しているそうです。
  でもかなり面倒そうです。

 1-(3)が今や最も簡単です。技術の進歩はすごいものです。
 その場合でも、クライアントの設定で少しはまるポイントがありますので、書いておきます。

クライアントの設定
 Windows-XPの場合
 このURLにWindows-XPでの設定方法がかかれてますのでご参照ください。
ただ、ここであて先のホスト名またはIPアドレスとなっている部分、IPアドレスそのままを入力してもいいと思われますが、固定IPでない場合は、ダイナミックドメインサービス等で得ているドメイン名のみをいれます。ホストコンピュータ名は、エラーなく接続した後であれば、ネットワークで検索すれば出てきます。

 iPhoneの場合
   このURLを参照してください。 
iPhoneもVPNを活用でsきます。
この場合もサーバ設定の部分はIPアドレスでもいいですが、固定IPでない場合はドメイン名のみとなります。



2013年8月26日月曜日

プリンターの印刷が止まらない時の対処方法

プリンターで大量印刷した場合によくおきるのですが、プリンターの印刷が途中でエラーが発生して何回も印刷を最初から繰り返す場合があります。こうなると大変です。PCを再起動しても止まらないし、プリンターを再起動してもだめです。PCのスプーラーが記憶してしまっていて何回も最初から印刷を繰り返します。インクと紙がいくらあっても足りません。

そういう時の対処方法です。 
ネットで探すといくらでも出てきますが、再度整理しておきます。

タスクマネージャを起動します。
  spoolsv.exeをプロセス終了します。

 Windowsのシステムディレクトリにスプールフォルダを空にする。
  「C:\WINDOWS\system32\spool\PRINTERS」というディレクトリの中のファイルを削除します。

再起動する。
  再起動すると、プリンタのスプールが空っぽになっています。



2013年8月21日水曜日

FPGA(xilinx) verilogでXSTにブロックRAMを推論させる




 去年の暮れからFPGAをverilogで設計するという仕事に没頭しておりました。FPGAは、Xilinxから発表された当時(30年くらい前?)、新しいもの好きの私は、その頃高価なFPGAでトリプルポートのDRAMコントローラを画像処理用に作りました。ASICで作るよりは、FPGAで作るほうが、問題が起きた時に変更できるという利点もありましたが、高価でしたし、ゲート規模もPLDのお化けというような感じでたいしたものではなかったですが、結構設計に苦労しました。その当時まだ、論理合成なんていう便利なツールはなかったので、回路図レベルでまず設計しそれをFPGAエディターにCLBの中身を展開していくというなんとも大胆な方法で設計したものです。

 回路図をのままを設計ツールで論理合成した場合、その当時のパソコン(486レベル?)では、丸1日かかるというもので、使い物にならないというのがその理由でした。それからFPGAの設計からしばらく離れておりました。

 2012年は、verilogでの本格的な設計をはじめるきっかけとなりました。結構大規模なFPGA(xilinx)の設計で、spartan6のお世話になりました。技術の進歩は、すごいものです。しばらくFPGAから離れていただけで、タイムマシンで未来に来たかのごとく論理合成の時代は進歩していました。
 
  いろいろはまるところがありましたが、今回最も冷や汗を掻いたところは、最終段シミュレーションも大体終わり、論理合成、配置配線をしようとした時にデバイスに入りきらないというエラーが出たときです。もうボードの実装も上がり、デバイスの変更はできない状態でした。最初の想定では、デバイスの選定は問題ないはずですが、何回条件をいろいろ変えてもできなくて、悩んだのですが、聞いてみるとブロックRAMを想定して設計している部分を、論理合成ツールがブロックRAMと認識せずにCLBでRAMを構成してしまっていた事が原因でした。

 論理合成・配置配線で問題が出た場合は、ISEですと xxx.par とxxx.syr を、Planaheadですと xxx.srp とxxx.mrp を見て期待通りにブロックRAMを使って論理合成できているかを確認できます。期待するブロックRAMでできていない場合は、シュミレーションでは、動作するのですが、ブロックRAMとして認識できないような何らかの問題がRAM部の記述にあります。

 下記がブロックRAMの基本構造です。ブロックRAMの基本的な構造を理解する事で、この範囲を超えずに記述すればXSTは、ブロックRAMとして推論してくれます。完全な非同期のデュアルポートRAMを構成できます。IPブロックとして記述する方法もありますが、verilogで推論させたほうがスマートです。
心配であればコーディング途中で一度論理合成を走らせる事をお勧めします。後になって冷や汗を掻くよりは、事前にリスクを回避できれば、デバッグの効率もアップします。間違った記述でロジックを書き進めてしまってからでは、後の変更がたいへんですし、時間の浪費です。




































 どうしてもだめな場合は、(* RAM_STYLE="BLOCK" *)制約を追加する事で推論できるようになる可能性があります。基本的に上記ブロック構造を守っていればどんな複雑なロジックにしてもXSTは、ちゃんとブロックRAMとして推論してくれます。

 あたりまえのことですが、1つのデータポートにアクセスできるアドレスは1つです。この理解さえできていればブロックRAMは、攻略できます。

 XSTがブロックRAMとして推論しない認識しないと困られている皆様がんばってください。幸運を祈ります。

DOSブート USB-flashメモリーのつくり方

 フロッピーというメディアが世の中のパソコンからなくなってもうずいぶん経ちます。でもいまだにDOSブートは、必要です。仕事柄、最近は、もうインテル系の仕事も少なくなり、WindowsとかLinuxとかiOSとかしか使う機会がなくなってきてますので、DOSブートの方法を聞かれても思い出すのに一苦労です。なので、ここに備忘録として書いておきます。今日もユーザーから問い合わせがあって思い出すのに半日を費やしてしまいました。

フロッピーがあるパソコンでは、DOSブートフロッピーでDOS起動が従来通り起動できますが、フロッピードライブのついているパソコン自体を今ではほとんど見かけません。メディアも売ってません。ですので、現在はDOSブートは一般的には、USB-FLASHメモリーをDOS起動用に初期化して使います。 ネットには、この手のUSBメモリーのフォーマット情報たくさんありますので、いろいろ参考になるところを上げておきます。

・Windows98 でフォーマット
  2000/XP以降は、USBメモリーのフォーマットはできないようです。なので特にここでは、書きません。

 
HP USB Disk Storage Format Tool
  左は、HP社が提供する無償のツールです。 これでUSBメモリーをフォーマットするとDOSbootできるUSBメモリーができます。

dosブート usbメモリ
  他にもいろいろツールはあるようです。上記URLのツールでも可能です。




  
ただどの方法でも、USBメモリーを選ぶようで、あまり安いUSBFLASHメモリーを使うとブートできないという不具合に何回か見舞われました。通常のストレージで使う分には、全く問題ないのですが、ブートデバイスで使うとなると、使えないものがありました。(メーカー名はここでは、公表しません。)ですので、これで1回ブートに失敗してもあきらめないで、デバイスを変えてやれば成功します。